【アニメ】蜘蛛の糸に囚われ、悪堕ちしたスバルのフタナリと触手でレズの快楽地獄を味わうハルカ【超昂閃忍ハルカ】

超昂閃忍ハルカ 参 いにしえの閃忍

おすすめレズシーン

悪堕ちしたスバルの触手と蜘蛛の糸から逃れられず、ふたなりチ○ポの快楽責めを浴びるハルカ

闇の中で蜘蛛の糸に捕らえられ、身動きできないまま、ハルカはスバルに胸を揉みしだかれていました。

ハルカの胸を散々マッサージするのに満足したスバルはノロイに与えてもらった自らのふたなりチ○ポをハルカに見せつけます。そして、蜘蛛の糸によってまともに抵抗することすらできないハルカのおマ○コに、スバルは自らのふたなりチ○ポを深々と挿入していったのです。

動き始めたスバルの体から必死で逃れようとするハルカ。しかし、そんな抵抗は全くの無意味でした。スバルはハルカのそんな無駄な努力をあざ笑うかのように自らの白く細い腕をハルカの前に差し出します。ニヤリと不敵な笑みを浮かべるスバル。スバルが静かに呪文を唱え始めると、スバルの腕は鈍い光を放ちます。そして、無数の触手の束へと変形していくスバルの腕… その触手も闇に堕ちたスバルに与えられた力だったのです。スバルの意志通りに動く触手たちは一斉にハルカに凌辱を加えていきます。

スバルの触手はハルカの胸に絡みつくだけではありませんでした。スバルのふたなりチ○ポが既に占拠済みであるはずのハルカのおマ○コにまで殺到してきたのです。ハルカのトロトロに出来上がったおマ○コは、複数の触手によって強引にこじ開けられていきます。少しでも開いた襞の隙間からスバルの触手は侵入していき、ふたなりチ○ポに絡みつきながら、ハルカの中を陵辱し尽くしていくのです。

蜘蛛の糸からもスバルの触手からもハルカは逃れることができませんでした。できることといえば、ただスバルの触手ふたなりチ○ポの激しい動きを受け入れることだけだったのです。ハルカの目に涙が溢れます。しかし、そんな涙を嘲笑うかのように、スバルはハルカの涙を舌で舐め上げるのです。

ハルカは誰よりもスバルのくノ一としての能力を知っていました。敵に回せばこれほど恐ろしい相手はいないのです。あのスバルが張り巡らした蜘蛛の糸… ここから逃れるのは至難の技でしょう。もがけばもがくほど肌に食い込んでくるスバルの蜘蛛の糸… そして、スバルのふたなりチ○ポと触手たちは結託してハルカのおマ○コに情け容赦なく分け入ってきます。それは、ハルカの蕾のようなおマ○コの入り口をドリルのようにこじ開けてピストン運動を繰り返すのです。ハルカは限界でした。もう… ダメ… お願い、助けて、スバル…

激しい腰使いによって次第にスバルのふたなりチ○ポは絶頂を迎えつつありました。そのことを知ったハルカは最後の拒絶を必死に訴えます。しかし、スバルはそんな声など聞き入れることなくハルカの中をふたなりチ○ポでかき回し続けました。そして、遂にスバルは絶頂に達し、スバルの大量のザーメンがハルカの中に注ぎ込まれていったのです。

作品詳細

超昂閃忍ハルカ 参 いにしえの閃忍
超昂閃忍ハルカ 参 いにしえの閃忍

このシリーズの他エピソードの記事もあわせて読んでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする