【同人CG】魔力を完全吸収され、暗黒魔道のレズ蟻地獄から抜け出すことができない魔法戦士たち

オーガズムユニットEX-魔法戦士あかり

ショートストーリー

色香の淫臭の虜になってしまった海羽

色香は全身が総毛立つようなゾクゾク感に襲われていました。真性レズビアン海羽が屈辱にわなわなと体を震わせ、目にはうっすらと涙を浮かべながら色香に懇願するのです。

「もっと… もっとして、お願い…」

それは魔族へと転生した色香が海羽を完堕ちさせた瞬間でした。

海羽のこんな表情を見るのは色香にとって初めての経験でした。いつもは凛とした姿で色香の事を格下扱いしていた海羽。そのいけ好かない女が、だらしなく涎を垂らし、半ば虚ろな瞳になっているのです。ハァハァと呼吸が早くなりながら、色香の目を見つめて訴えかけているのです。お願いです…もっと、もっとください…。

もはや海羽のプライドは粉々に打ち砕かれていました。色香なんかの手のひらで踊らされている自分が情けなくて仕方がありません。魔族に堕ちてまで自分の欲望を追求しようとする色香を許す事ができないのです。しかし…しかし… しかし、色香にレズられたい… 心の底から湧き出てくる色香とレズりあいたいという背徳的な欲望をどうしても抑えることができないのです。

もう一度、いえ、何度でも味わいたい。色香の体液を味わいたいのです。極限まで濃縮された青臭い精子のイカ臭い匂い。色香とレズビアンディープキスをしたときに口腔内に広がるあの匂い。あまりの臭さに目が回るのです。しかし… もはや、海羽は色香の体液の淫臭に対する依存体質が形成されてしまったのです。

メスのレズ快楽を味わうごとに魔の紋章が刻み込まれる海羽

色香は意地悪そうに舌先をチロチロと唇から出して海羽を誘惑します。海羽はたまらず自らも舌を出して色香の舌に絡みつけようと必死で体を擦り付けてくるのです。

色香は大きく口を開けました。すかさず、海羽はレズディープキスを求めるのでした。

海羽の望み通りにレズディープキスをさせる色香。さすがと色香は感心してしまうのです。さすがは真性レズビアン海羽。そのレズキスのテクニックはとても堪能しがいがあるものでした。海羽は舌先だけをチロチロ重ね合わせたかと思うと次の瞬間には舌全体を使って唾液交換をしようとしてくるのです。色香はそのエロい海羽の舌の動きを心ゆくまで楽しみました。そして、そのご褒美として、自らの最高にイカ臭いチャーム効果のある唾液を海羽の口腔内に注ぎ込むのでした。

レズキスを繰り返し、おマ○コにも色香の魔族ペニスを受け入れてしまう海羽は、何度も何度もイってしまいます。海羽は残念なことに気づいていませんでした。海羽が絶頂を迎えるたびに、海羽の体に魔の紋章が浮かび上がっていることを…

サンプルCG





作品詳細

オーガズムユニットEX-魔法戦士あかり
オーガズムユニットEX-魔法戦士あかり