【同人漫画】生えたばかりの淫魔ふたなりペニス童貞を女主人の触手オナホで奪われてしまう少女

ふたなり王女と淫魔メイド

ショートストーリー

プリルード様に与えられるふたなりペニス

アーネは少し後悔していました。いえ、正確には戸惑いを隠せませんでした。

あれほど淫魔プリドール様に憧れ、その眷属となることを望み、今まさにアーネが淫魔へと転生するためのアナルレズセックスがプリドール様によって執り行われているのです。これ以上の悦びはないはずでした。

しかし、そのレズセックスはアーネの想像していたものとは少し違うのです。プリドール様に与えられるアナルレズセックスはアーネの想像を遥かに超えるものだったのです。そう、それはアーネの知るこの世の快楽の全てを足し合わせた以上の快楽だったのです。

プリドール様の強固なふたなりペニスで蹂躙され掻き回されるアーネのアナル。その中にプリドール様は淫魔化のエキスを注ぎ込みます。

熱いのです。とても熱い,,, アーネが感じるのはプリドール様のエキスの熱さだけではありません。アーネは自らのクリトリスに強烈な熱感を感じていたのです。アーネは心の底から悦びを感じていました。すごい… これが淫魔の力… プリドール様の力…

「さあ、生やすがよい… お前のいやらしいペニスを生やすがよい」

それはアーネに与えられたプリドール様の命令でした。アーネは心の底からプリドール様の命令に服します。そう… ペニスを生やす。プリドール様から授かった淫魔のペニスを生やす… はい、プリドール様… ペニスを、ペニスを…

プリルード様の触手オナホ責め

プリドール様に与えられ、生えたばかりのアーネのペニスはまだその欲望の解放させ方を知りませんでした。ピクピクと痙攣することしかできないアーネの童貞ペニス… しかし…

「!!??」

次の瞬間、アーネは自らのふたなりペニスに電撃のような刺激が走ります。アーネのふたなりペニスが触手にくわえ込まれていたのです。そう、プリドール様の操る触手は音もなくアーネに忍び寄り、その口に相当する部分をパックリと大きく広げてアーネのペニス全体を呑み込んでいたのです。

プリドール様の触手オナホの中で淫魔のふたなりペニスの快感をアーネは思い知るのです。これが… これが淫魔のふたなりペニス… すごい… プリドール様の触手オナホの中の襞という襞に擦り付けられるアーネのふたなりペニス。その皮も剥かれ、一番敏感な粘膜の部分までもがプリドール様の触手オナホに擦り付けられていくのです。今まで味わったことのない至高の快楽がアーネに襲い掛かります。プリドール様の触手オナホはうねうねといやらしい動きを繰り返し、アーネの童貞ふたなりペニスをしごき上げるのです。

今やアーネは後悔の念など微塵も感じていませんでした。プリドール様に与えてもらったふたなりペニスの快楽こそ最高の真実でした。

アーネのふたなりペニスの中心をずりあがるように熱いものがこみあげてきます。アーネは知っていました。これこそが淫魔の精液なのだとアーネは知っていました。そして、アーネは救い主であるプリドール様の触手オナホの中に、自らの子種汁をたっぷりと注ぎ込むのでした。

サンプルCG


作品詳細

ふたなり王女と淫魔メイド
ふたなり王女と淫魔メイド