【同人漫画】淫魔のシャドウに全身侵食され連続絶頂を味わいながら闇に沈むハツカ

神炎戦姫ハツカVol.7~淫魔姫遊戯編~

ショートストーリー

淫魔の操る影、その影は常にハツカに絡みついていきます。ハツカのおっぱいに絡みついて離れる事がない淫魔の影。そして、ハツカのおマ○コにしっかりと吸着して離れない淫魔の影。

ハツカは淫魔の影でめちゃくちゃに犯されていました。淫魔はよがり狂うハツカを目を細めて楽しそうに鑑賞するのです。ハツカのアヘ顔に満足したかのように淫魔はさらにハツカに自らの影を忍び込ませるのです。

ハツカはこの快楽地獄から逃れる方法を必死で考えていました。途切れる事のない快楽地獄の中でハツカは必死に考えました。

しかし、必死で抵抗しようとするハツカに対して、淫魔は淫靡な褒美を与えるのです。それは淫魔とのレズビアンキスでした。それはハツカの口唇が第二の性器となりうる事をハツカに思い知らせるのです。2人の女性の舌がクチュクチュと音を立てながら交わり合います。ハツカと淫魔はお互いの唇を重ね、舌はペニスに、唇がヴァギナになったかのように激しく絡み合うのです。

ハツカの頭の中は真っ白になっていきます。も…う、我慢…できない。あ、ダメ… き…もち…よすぎ…る…

ハツカは快楽地獄の底に沈んでいきます。それと同時にハツカは肉体的にも淫魔のシャドウの中に深く沈み込んでいくのでした。

サンプルCG

作品詳細

神炎戦姫ハツカVol.7~淫魔姫遊戯編~
神炎戦姫ハツカVol.7~淫魔姫遊戯編~